GINZA SAKAEYA original ナポリクラシック モデル

ナポリクラシックモデル従来の肩パットなどが入った構築的なスーツやブリテイッシュスーツで着慣れている方からしてみればアンコンスーツのイメージがしずらいと思います。しかしGINZA SAKAEYAであれば仮縫い付きのフルオーダーなのでアンコンスーツ初心者の方でも納得するスーツをお創り出来ます。

マニカマッピーナ仕様とは
マニカマッピーナ補足日本のパターンオーダーやマシンオーダーのテーラーで肩パットのないスーツを製作できる店舗、工場はほぼ皆無でした。肩パットがないスーツと表現しつつも実は薄いパットを入れているというのが実態でした。

肩パットのないスーツを作るには、工業デザイナーに依頼して専用の型紙を何百通りも起こす必要があり、イニシャルコストがかかる割には需要が少ないという理由でテーラーも積極的に開発してこなかったという理由が考えられます。また、裏地、芯地が少なく、肩パットがないため通常のスーツのように毛芯で形を整えることが出来ない為、より難易度の高い縫製技術が必要とされます。

今から4年ほど前に、世界でもっとも人気の高いサルトリア(テーラー)のチェザーレ アットリーニ氏が、肩パッドを省きつつ肩回りを綺麗に再構築した「マニカマッピーナ(アンコン仕立て)」を発表しました。「アンコン仕立て」とは、芯地やパッドを極力使わずに仕立てる手法で、軽くて着心地がよいのが特徴です。
(※アンコンとはunconstructed jacketの意味「構築しない」の和製英語でイタリアではセンソインテルノ(内部の無いジャケット)と言います。)
また補強材は最小限に抑えることを最優先に設計していますので、ジャケットの内側は表地をそのまま切り替えて使用しています。
パンチェリーナ仕様とは
パンチェリーナ補足タイト(細目)のノータックのスラックスは『履き心地と美的シルエット』を優先した設計となっています。具体的にはパンチェリーナという仕様を採用しています。パンチェリーナとは、イタリア語で「腹巻き」という意味です。

補足画像①通常パンツは天狗(画像①の丸印部分)の持ち出し部分の止めボタンは一つですが、天狗の広さを広くしボタンを二つになっています。天狗を広くすることで下腹部をしっかりホールドして腹回りのシルエットを綺麗に見せたいという設計思想です。

補足画像②パンツ後方は、バックループ+Vカット仕様としています。後ろ中央部にVカットを入れることによりウエストの左右の動きに対して柔軟性が加わりは履き心地が良くなります。
またウエスマン(ベルトがくる帯部分のこと)に若干背上がりのカーブを付け(画像②)る事でヒップラインが持ち上がり綺麗なバックラインとなります。
ご注文時の注意点
当店においてはマニカマッピーナの特徴のひとつである雨降り袖(マニカカミーチャ)は採用しておりません。雨降り袖とは女性のブラウスなどで肩周りにあえてシワを集め、肩のボリュームを見せる仕立法ですがナポリのサルトはこの雨降り袖をスーツの肩に援用する手法をとっていますが、お客様によっては肩にボリュームがですぎて、綺麗なシルエットではないとご指摘されるケースも考えられましたので当店ではこの雨降り袖仕様は採用していません。

ナポリクラシックモデル
仕様およびオプション具体例

フィレンツェ仕様とは?
ブランド裏地・ボタンブランド裏地・ボタン
ゼニア製のブランド裏地・ボタンをお付けいたします
ラペル鎌首
鎌首にすることによって首筋に吸い付くような上襟を実現しスマートな印象を演出
ラペル肩パットを省いたマニカマッピーナ
肩パットを省いたナチュラルショルダーで今っぽいスタイルにアレンジ

GINZA SAKAEYA オススメ情報

LPバナー

ゼニア 日本未発売生地

ゼニア オーダーメイドダウンベスト

ゼニア2020春夏

GINZA SAKAEYA ホーム

銀座店特設サイト

SAKAEYA 東京駅店

新宿店特設サイト