GINZA SAKAEYAのオーダーアイテム

正統派でスマートに魅せる
ゼニア オーダータキシード



タキシードは、以下のようなシチュエーションで着用する最もスタンダードな正礼装のフォーマルウェア。
・午後からの結婚式や披露宴の新郎、新郎新婦のお父様、主賓
・夕方から開催される各種パーティに出席される方
・ブラックタイが指定されたパーティに出席される方
タキシードは結婚式や披露宴のほか、気楽なパーティの席でも着用できるようデザイン変更を加えたり、ボウタイやカフスなどの小物使いで自分らしいコーディネートも楽しむことができます。レンタルや既製品では体感することのできないオーダータキシードで、記憶に残る特別な思い出を刻んでください。

cloth
Ermenegildo Zegna
タキシード
165,000円〜

※タキシード基本料金

GINZASAKAEYA仮縫い付きフルオーダータキシード

タキシードの装い

●午後からの結婚式及び披露宴での新郎をはじめ新郎新婦のお父様や主賓(※)
●夕方から夜にかけての各種式典やパーティに出席の方
●招待状に「ブラックタイ」指定のあるパーティ

ジャケット

拝絹(はいけん:燕尾服・タキシードの衿の表に出る部分を覆い飾る絹で作られた部分のこと)が付いたピークドラペル型とショールカラー型があります。

タイとカマーバンド

黒の蝶タイとカマーバンドが基本。シーンにより、色柄の蝶タイ&カマーバンドや蝶タイまたはクロスタイ・バロックタイと合わせてもOK。

シャツ

白無地でウィングカラーまたはレギュラーカラー。ウィングカラーでプリーツの入ったものがよりドレッシャーな飾りです。カフスはダブルが基本。前立ての釦を見せないことがマナーのため、比翼仕様またはスタッド釦仕様のものを着用します。

スラックス

側章(側章とはパンツの両脇にある飾りのブレードのこと)1本付。

アクセサリー

カフス:黒蝶貝やオニキスが最適。スタッド釦はお揃いを。
チーフ:綿・麻またはシルクの白無地。
サスペンダー:黒無地。

仮縫で別次元になる
ゼニア 仮縫付フルオーダータキシード

結婚式や結婚披露宴のゲストなど着用シーンはあれど、比較的タキシードに馴染みの少ない日本において、一般的な既製品タキシードの設計思想は、あらゆる年代の方に対応できるように各部位が大きめに作られています。そのため着用時のシルエットは昭和時代のテイストでサイズが大きく、だらしなく見えてしまいます。そうした中でもGINZA SAKAEYAは、タキシードの着用頻度が多いお客様から『正統派タキシードを仕立てるテーラー』として多くのご支持を受けています。ここでは、既製品と当店の正統派なオーダータキシードの4つの違いをご紹介いたします。

①肩とバックシルエットの違い

GINZASAKAEYA仮縫い付きフルオーダータキシード 後ろ姿比較

当店のタキシードでは薄めの肩パットを使用することで、上半身にメリハリが生まれ、スマートなフォルムに魅せています。肩位置が高く見えるように仕立てるので腕が長く見え、よりスリムになります。また、アームホールを小さめに創ることで後見頃のゆとりを必要最小限にすることで余分なシワがなくなり、全体的にシャープなイメージに仕上がります。

②袖の違い

GINZASAKAEYA仮縫い付きフルオーダータキシード 袖の太さ比較

袖幅のゆとりを必要最小限に抑えて創るため、二の腕がスッキリ見えます。また、袖口からワイシャツが0.5~1センチ見えるようにすることで、清潔感がアップし、手の肌色が綺麗に見えます。

③ウェストシェイプの違い

GINZASAKAEYA仮縫い付きフルオーダータキシード ウエストライン比較

ウエストの一番細いところに釦をつけることにより、ウエストが自然にシェイプされメリハリのあるシルエットになります。また、アームホールが小さいので、脇の下の隙間がしっかりと空き、おなか周りがスッキリと見せることができます。

④スラックスの違い

GINZASAKAEYA仮縫い付きフルオーダータキシード パンツシルエット比較

一般のタキシードのスラックスは腿から足首まで画一的な比率で直線的に作られるのに対して、当店のタキシードのスラックスは膝の位置が実際の膝位置の5cm上に魅せるように立体的に仕立てています。

ゼニア スーツ 15ミルミル 2960-0204

オーダーのタキシードなら
断然「オーダーメイド」がおすすめ

ゼニアのタキシードは、VIPや国家元首も好む素材とシルエットで、クオリティは言うまでもなく最上級クラスです。値段においても当然のことながら安くはありません。
ゼニア社の公式サイトによるとオールシーズン用のタキシードが税込価格356,400円(2021年11月現在)で購入することができます。また、サイズはイタリアサイズでのみ展開され、日本人が着用しても似合わせるには至難の業と言えるのが現状です。
一方でGINZA SAKAEYAのゼニア オーダータキシードなら、シルエットを整える仮縫付きかつ、デザインやディテール変更も可能なフルオーダー。タキシードを購入する際は品質、シルエット、価格のどれを取っても断然、オーダーメイドがおすすめです。