GINZA SAKAEYAのオーダーアイテム

GINZA SAKAEYA仮縫い付きフルオーダーフォーマル

差がつく、記憶に残る
cloth Ermenegildo Zegna
フォーマルスタイル



GINZA SAKAEYAはあらゆるタイプのメンズフォーマルスーツを本格的にオーダーできる日本で唯一の専門店です

GINZA SAKAEYA仮縫い付きフルオーダースーツ

フォーマルを知らずして
エグゼクティブにあらず

エグゼクティブにとってのフォーマルスーツは“単に黒いスーツであればいい”とか“お洒落なデザインのものであればいい”というわけにはいきません。
まずはマナーを優先させ、その上で個性を表現するという、なんとも厄介なものなのです。

既製服を買ったりレンタル品を利用したりすれば、比較的手頃な値段でフォーマルスーツを手に入れることはできますが、残念ながら着る人の体型をカバーし、加えて、生地や仕立てにまでこだわった既製服やレンタルに出会えるのは不可能です。

GINZA SAKAEYA仮縫い付きフルオーダー燕尾服

他店を圧倒する豊富な実績と知識が
お客様の自信につながる

日本で唯一のオーダーフォーマルスーツ専門店だからこそ、豊富な場数をこなし、お客様の要望をさまざまな角度から研究してきました。

フォーマルスーツに関するマナーや独特のしきたりを学び、どこまで遊びの要素を取り入れるか、着崩しもどこまでなら許されるのかといった、非常にあいまいで難しい判断も多く行ってきました。

だからこそお客様が出席する式に応じたフォーマルスーツを、自信を持ってお勧めすることができます。
また、身に着けるアイテム等を含めたトータルコーディネイトを的確にアドバイスすることが可能なのです。

GINZA SAKAEYAが
cloth Zegnaにふさわしい
シルエットを創造する
3つの技術的裏付け

仮縫い採寸風景

1)仮縫い

採寸したお客様のデータを基に生地を仮に縫い合わせたものを着用いただき、シルエット・サイズ・着心地を調整いたします。
実は袖丈・裾丈の調整だけというテーラーが多い中、当店ではcloth Zegnaにふさわしいシルエットを維持したままお客様の身体のラインに合うよう、2度3度調整を行う高級オーダースーツの手法を採用しています。
仮縫い採寸風景

2)独自の2ブロック採寸

現在ほとんどのテーラーで用いられている長寸式採寸とは、バスト・ウエスト・ヒップなど最低限の箇所だけでサイズを決める方式です。
実は長寸式だけでは正確なフィッティングは望めません。そこで当店では、人体を立体的に捉えて採寸する短寸式(手作業採寸)と長寸式をミックスした、独自の2ブロック採寸を開発いたしました。

ゼニアフルオーダースーツ縫製

3)0.5cm刻みの調整

パターンオーダーやイージーオーダーの採寸箇所は多くて15か所程度。当店では、その3倍以上の45か所を採寸し、さらに仮縫でフィット感を追求いたします。
既製品を調整するため横の部位の調整は極僅かなパターンオーダー・イージーオーダーとは異なり、当店では0.5cm刻みで立体的にサイズを調整します。

紳士服世界大会出場

GINZA SAKAEYAは
オーダー界のパイオニア

GINZA SAKAEYAがオーダースーツ界のトップであり続ける由縁。それは何より圧倒的技術に他なりません。創業から51年、これまではビジネススーツの分野で業界をリードしてきました。技術と知識の高さは「注文紳士服連盟世界大会」に連続出場を果たしていることに裏付けされています。今後はカジュアルアイテムにもその技法や知見を応用し、オーダー界の開拓者として物作りへの飽くなき情熱を注ぎ続けていきます。

世界で高評価を獲得し続ける
国内オンリーワンの技術

独自開発の『仮縫付フルオーダー』