GINZA SAKAEYAのオーダーアイテム

ゼニア認定オーダースーツ専門店
GINZA SAKAEYA



現在のオーダースーツ業界は、安価で作れるパターンオーダーが人気を呼んでいます。当店はこうした簡易的なオーダーメイドとは、一線を置く仮縫付オーダースーツを専門としたテーラーです。 高級仕立てに相応しい素材「ErmenegildoZegna(ゼニア)」に特化した品揃えで、トータルコーディネートまで行っています。

Cloth Ermenegildo Zegnaに特化した
日本初の仮縫付オーダーメイド専門店

Cloth Ermenegildo Zegnaの素材を取り扱うオーダースーツ店や百貨店は国内にも数多く存在します。しかし、それらの店頭にあるCloth Ermenegildo Zegna素材は多くても15点~20点ほど。気に入った素材が見つからなかった場合はイタリアのゼニア本社から空輸となるため、素材の代金だけでも高額になります。

当初はこうした仕入れから販売を行うサイクルを採用していましたが、スーツ代金が高くなることが悩みとなり、事前にゼニア素材を一括仕入れする方法へと変更しました。結果的にゼニア素材を使用したオーダースーツのコストダウンを実現し、販売総数およびCloth Ermenegildo Zegna素材仕入れ数国内ナンバーワンを獲得。その実績が評価されGINZASAKAEYAは、日本初のゼニア社認定オーダースーツ専門店としてスタートしました。

では、なぜCloth Ermenegildo Zegnaに特化することにしたのか、ご案内いたします。

Cloth
Ermenegildo Zegna
に特化する理由

当店がCloth Ermenegildo Zegnaに
特化する理由には大きく2つあります。

1.Cloth Ermenegildo Zegnaは世界一の生地

1つ目は、ClothErmenegildo Zegna素材が「世界一の生地」と評価されているからです。

車に例えれば、メルセデス。ゼニア特有の質感はゼニアでしか持ちえませんし、エルメスやブリオーニといった高級ブランドの多くがゼニア社の素材でスーツを作りシーズンコレクションとして送り出しています。

イタリア製オンリーワンのクオリティこそが世界を注目させています。

2.CEOの想い

2つ目は、当店のCEO原俊行の想いにあります。それは新社会人としてスタートした20代前半まで遡ります。
当時の雑誌などではスーツ特集が多く組まれ、海外製の高級ブランドスーツの紹介や着こなしが紹介されていました。ビジネスを通じてお会いする管理職の方や先輩らも皆、こぞってゼニアスーツあるいはダンヒルスーツだったことを鮮明に覚えています。しかしながら、ゼニアをはじめとする海外のスーツは高額で、なかなか手が届くものではありませんでしたし、当然、海外企画のサイズ設定のため、日本人の体型にジャストフィットはしません。実際に購入し、着用することもありましたがその度“オーダーメイドで華奢な日本人にもサイズが合うものがあったら…”と想い続けてきました。こうした自身の経験と想いを胸に、Cloth Ermenegildo ZegnaとCloth Dunhillに特化したオーダースーツ専門店GINZASAKAEYAをオープン。
現在は素材だけでなく、シルエットや縫製においてもゼニアスーツを研究し、製品開発も行っています。
※ダンヒルは2015年にオーダー分野から撤退しています。

ビジネスカジュアルのオーダメイド
THE OFFICER’S の開始

コロナによってリモートワークの増加し、仕事着の常識は一気に変化しました。スーツにタイドアップというユニフォーム的な装いは当たり前ではなくなり、働く場所や相手に応じた、様々な装いのスキルを身につけなければビジネスに必要な“好印象”を得ることができなくなっているのです。
このような“ニューノーマルな時代”に合わせて、ビジネスとカジュアルの中間の装いである“ビジネスカジュアルのオーダーメイド”を開始いたしました。
服装の自由化=ビジカジスタイルを思い浮かべる方も多いかと思います。しかし、そこに指針となるルールは存在せず”服装の自由化”という言葉ばかりが先行…。つまりビジカジスタイルの有りか無しか、の線引きはとても難しくなっているのが現状だと捉えています。日本でのリモートワークは、服装が砕けすぎていないものが良く、社会的地位を感じさせることが大切です。
そこで私たちはその一つの指針となるべく、ビジネスカジュアル専門のオーダーメイド「THEOFFICER’S」を立ち上げました。カジュアルを着ていても品のあるフルオーダーをご提供してまいります。