GINZA SAKAEYAのオーダーアイテム

正統派でいてスマートなシルエット
スマートに魅せるゼニア タキシード



タキシードは、
●午後からの結婚式や披露宴の新郎、新郎新婦のお父様、主賓
●夕方から開催される各種パーティに出席される方
●「ブラックタイ」指定のパーティに出席される方
などに着ていただくための、最もスタンダードな正礼装のフォーマルスーツです。
タキシードは、正礼装としての装いの他にも、気楽なパーティの席で、さまざまなジャケットやパンツ、シャツ、小物を合わせて自分らしいコーディネイトを楽しむことができます。

タキシード
154,000円〜

※タキシード基本料金

タキシードの装い

●午後からの結婚式及び披露宴での新郎をはじめ新郎新婦のお父様や主賓(※)
●夕方から夜にかけての各種式典やパーティに出席の方
●招待状に「ブラックタイ」指定のあるパーティ

ジャケット

拝絹(はいけん:燕尾服・タキシードの衿の表に出る部分を覆い飾る絹で作られた部分のこと)が付いたピークドラペル型とショールカラー型があります。

タイとカマーバンド

黒の蝶タイとカマーバンドが基本。シーンにより、色柄の蝶タイ&カマーバンドや蝶タイまたはクロスタイ・バロックタイと合わせてもOK。

シャツ

白無地でウィングカラーまたはレギュラーカラー。ウィングカラーでプリーツの入ったものがよりドレッシャーな飾りです。カフスはダブルが基本。前立ての釦を見せないことがマナーのため、比翼仕様またはスタッド釦仕様のものを着用します。

スラックス

側章(側章とはパンツの両脇にある飾りのブレードのこと)1本付。

アクセサリー

カフス:黒蝶貝やオニキスが最適。スタッド釦はお揃いを。
チーフ:綿・麻またはシルクの白無地。
サスペンダー:黒無地。

仮縫で別次元になる
ゼニア 仮縫付フルオーダータキシード

タキシードに馴染みの薄いここ日本においての一般的な既製品タキシードの設計思想は、あらゆる年代の方に対応できるように各部位が大きめに作られています。そのため着用時のシルエットが大味でだらしなく見えてしまいます。
GINZA SAKAEYAは、タキシードの着用頻度が比較的高い方から『正統派タキシードを仕立てるテーラー』として多くのご支持を受けています。
ここでは、既製品と当店の正統派タキシードの4つの違いをご紹介いたします。

①肩とバックシルエットの違い

薄めの肩パットを使用することで、上半身をスマートに魅せています。肩位置が高く見えるように仕立てるので、腕が長く見え、よりスリムになります。また、アームホールを小さめに創り、後ろ見頃のゆとりを必要最小限にすることで余分なシワがなくなり、全体的にシャープなイメージになります。

②袖の違い

袖幅のゆとりを必要最小限に抑えて創るため、二の腕がスッキリ見えます。また、袖口からワイシャツが0.5~1センチ見えるようにすることで、清潔感がアップし、手の肌色が綺麗に見えます。

③ウェストシェイプの違い

ウエストの一番細いところに釦をつけることにより、ウエストが自然にシェープされます。また、アームホールが小さいので、脇の下の隙間がしっかりと空き、おなか周りがスッキリと見えます。

④スラックスの違い

一般のタキシードのスラックスは腿から足首まで画一的な比率で直線的に作られるのに対して、当店のスラックスは膝の位置が実際の膝位置の5cm上に魅せるように立体的に仕立てています。