MENU

    【トレンドと情報】タキシードのパンツにある側章とは?

    こんにちは、店長の前田です!
    (* ̄O ̄)ノ コンニチハ
    それでは、
    「スーツのメンテナンス事典」
    第209回目をお送りします。
    スーツに関する基礎知識や小技、
    ぜひ覚えておきたいメンテナンス法など、
    有用なものを中心にまとめていきます。
    -------------------------
    スーツのメンテナンス 209
    「フォーマルスーツ特集 総まとめ その32」
    わかりやすいQ&A方式にて、
    フォーマルスーツに関する
    よくある質問にこたえていきますので、
    ぜひ参考にしてみてください!
    Q.タキシード用のパンツには、
     普通のスーツ用パンツには見られない
     ”側章”というものが入っているようですが、
     これは、どういったものなのでしょうか?
    A.側章は”がわしょう”と読み、
     パンツの両脇に入れられた
     飾り用の太いライン(ブレード)のことで、
     英語ではサイドストライプといいます。
     この側章がパンツに入ることで、
     フォーマル用のスタイルであること、
     それも格式高い正礼装だと証明する役割があるのです。
     側章の本数は礼装の種類で決まっていて、
     タキシードの場合は1本が正式なものとなっています。
     また、燕尾服のパンツにも側章が入り、
     日本では一般的に2本が正式とされていますが、
     全世界的には1本、2本は任意となっているようです。
     
     ちなみに側章の起源ですが、
     18世紀末~19世紀にかけてナポレオン軍が、
     兵の階級をすぐに判別できるよう
     軍服のパンツに個別のラインを入れたのが始まりで、
     色とライン数で兵の種類を分けていたものが、
     今日において礼装に用いられるようになりました。
    -------------------------
    実際に履いてみるとわかりますが、
    パンツにこの側章が入っているだけで、
    なにか特別な、いかにも正装を着ているんだ、
    そんな意識をより高めてくれるものになっているんですね。
    ( ̄― ̄)(―_―)( ̄― ̄)(―_―)ウンウン
    =====================
    ゼニア・ダンヒルオーダースーツ専門店
    榮 屋 本 舗 (さかえやほんぽ)
    ご購入方法 お問い合わせはこちら
    =====================
    ]]>

    よかったらシェアしてね!