MENU

    【スーツ用語】ドレープ

    ドレープとは、
    もともとは「衣類を優美にまとわせる」という意味でした。
    古い時代には、布をそのまま身体に巻きつけて、衣服としていたので、
    「いかに美しいドレープを作るか」が大事なポイントだったのです。
    現代では、ドレープは
    「布をたらしたときにできる、布のたるみ、ゆるみ」
    を表す言葉として使われます。
    また、優美なスタイルに仕上げるためのテクニックとして、
    現代の衣類にもドレープが取り入れられています。
    たとえば、ボール・ルックのジャケットには
    ドレープが取り入れられ、
    たて型のゆるみになるのが特徴的でした。
    =====================
    ゼニア・ダンヒルオーダースーツ専門店
    榮 屋 本 舗 (さかえやほんぽ)
    ご購入方法 お問い合わせはこちら
    =====================
    ]]>

    よかったらシェアしてね!