MENU

    【トレンドと情報】ポケットチーフの挿し方 その3

    こんにちは、店長の前田です!
    (* ̄O ̄)ノ コンニチハ
    それでは、
    「スーツのメンテナンス事典」
    第164回目をお送りします。
    スーツに関する基礎知識や小技、
    ぜひ覚えておきたいメンテナンス法など、
    有用なものを中心にまとめていきます。
    -------------------------
    スーツのメンテナンス 164
    「フォーマルスーツの着こなし術 その10」
    前回に引き続きまして
    基本的なポケットチーフの挿し方(折り方)ですが、
    今回は少し砕けた感じのものをピックアップしました。
    <パフド>
     素材の持つ柔軟さを生かした挿し方で、
     ふんわりとしたボリューム感が上品さを演出します。
     フォーマルな装いはもちろん、
     カジュアルにも合わせることができます。
     
     生地がやわらかいシルク(絹)であれば、
     ポケットからのぞくふくらみをきれいにつくれるでしょう。
     -折り方-
     1.ポケットチーフを広げて置き、
      中央をつまんで持ち上げます。
     2.つまんでいないほうの手で、
      下に向かってポケットチーフを軽くしごきます。
     3.ポケットの長さを考慮して下側を折り曲げます。
     4.つまんだ側をふんわりさせるようボリュームを整え、
      折った側を下にしてポケットに挿し込めば完成です。
    <クラッシュド>
     ポケットチーフの4つの角を効果的に出した挿し方で、
     華やかなパーティーの席にオススメです。
     
     リネン(麻)、シルク(絹)、コットン(綿)、
     どんな素材でもしっかりと挿すことができます。
     白以外の色物でもOKですが、柄は無地を選ぶのが無難です。
     
     -折り方-
     1.ポケットチーフを広げて置き、
      中央をつまんで持ち上げます。
     2.つまんでいないほうの手で、
      下に向かってポケットチーフを軽くしごきます。
     3.しごいた側が上になるよう持ち替え、
      ポケットの長さを考慮してつまんだ側を折り曲げます。
     4.あえて無造作にまとめられた感じを残し、
      折った側を下にしてポケットに挿し込めば完成です。
    -------------------------
    今回の挿し方はカジュアル要素が少々強いものの
    フォーマルな場でも十分に対応できます。
    なにより折り方が簡単で
    アレンジがきくアバウトさもありますから
    この2つのパターンも覚えておけば重宝します。
    (゚▽゚)(。_。)(゚▽゚)(。_。)ウンウン
    こちらのページをご覧頂ければ
    ポケットチーフのたたみ方が解りますので
    ご覧ください。
    =====================
    ゼニア・ダンヒルオーダースーツ専門店
    榮 屋 本 舗 (さかえやほんぽ)
    ご購入方法 お問い合わせはこちら
    =====================
    ]]>

    よかったらシェアしてね!