技術に裏付けされた最上級のフルオーダースーツ

日本最高峰の認められた技術力

銀座SAKAEYAの持つ技術は、日本国内外で高く評価されています。
たとえば・・・2011年8月イタリア・ローマで開催された「注文紳士服業者連盟世界大会」に、日本代表8社のうちの1社としてビジネススーツ部門に出品しました。また3大会連続で2013年8月に韓国、2015年8月にはフィンランドで開催された「注文紳士服業者連盟世界大会」においてもビジネススーツ部門に唯一の日本代表として出場しました。この事実は現在の日本におけるビジネススーツ分野では、銀座SAKAEYAは日本最高峰の技術を持つ店舗として認められたということになります。1910年から開催されているこの大会には、全世界の実力のあるテーラーが参加し、各国独特の技を披露しています。
世界大会に出品するためには、その予選ともいえる東京マスターズテーラーズコレクションで、世界大会への選出作品として認められる必要があります。さらに、この東京マスターズテーラーズコレクションに出品できるのは、過去に各種大臣賞を受賞した技術者、もしくは、国際紳士服業者連盟のデザイナー認定試験の合格者だけです。
このような、世界的にも高い技術を持つテーラーの集いに参加することができたのは、私たちスタッフにとって大きな誇りになっています。当店の持つ技術が確かなものであると、お客様に確信していただけますと幸いです。

ゼニア・ダンヒルのオーダースーツを取り扱うショップは数多くありますが、ほぼ間違いなくその全てはゼニア・ダンヒルの生地を取り扱っているだけで、 仕立フォルムはゼニア社、ダンヒル社のスーツシルエットを全く無視した店舗です。当店ではゼニア社、ダンヒル社の代表的仕立フォルムを独自の手法で取り入れた日本で唯一のショップです。
ゼニア社の扱うスミズーラ並びにダンヒル社の扱うカスタムオーダーもいわゆる日本でいうとパターンオーダーの分類商品です。
パターンオーダーとは基本的には既製品を修正し袖の長さ等縦の部位の調整を行うことでお客様のサイズに合わせて作るという手法です。

ゼニア社のサイズスペックはヨーロッパサイズで44から60までの計9パターン、ダンヒル社のそれは42から60までの計10パターンあり、それぞれお客様の体型に最も近い物をあてて長さを調整してゆくというものです。これに対し当店では、このゼニア社モデルの場合は上述9パターンをデザイナーを起用し28パターンに細分化、ダンヒル場合は上述10パターンを30パターンに細分化し、それぞれさらに仮縫いによって0.5cm刻みでの補正を可能とするという気の遠くなるようなシステム設計を行い製作環境を完成させました。これにより、ゼニア・ダンヒルスーツのモデルをパターンオーダーではなく、 日本人の体型にあったサイズスペックで実現することが出来ました。

オーダースーツをかっこよく創ると言っても、具体的にどんな物が出来るのかご心配だと思います。
私たちの創ったスーツを具体的にwebカタログと動画でご覧ください。
モデルは、雑誌『LEON』で活躍中のファーガルを起用しております。
私たちのスーツ創りにおける感性に共感いただけましたら是非ご来店ください。


  • ご来店予約はこちら
  • お仕立券はこちら
驚愕の満足度

一流の接客と理想通りの仕立てで最高のスーツができました。

中原裕治
第一印象で好感を持たれる上質のスーツに
SAKAEYAで出会えました。

スーツは仕事をする上で、戦闘服と言われているように、本当にしっかりしたものを着たいと考えています。仕事柄、たくさんのお客様にお会いするので、常日頃から第一印象を大切にしたいと思っておりました。
今度スーツを作る時には第一印象で好感を持たれるような上質のスーツを、と思っていました。そこで、知人に紹介してもらったのが、SAKAEYAさんでした。
最初にお店に行った時、壁一面にディスプレイされたゼニアとダンヒルの生地の多さに圧倒されました。スタッフの方からは生地それぞれの特徴をしっかり説明していただきました。

その他、スーツを着たときのシルエットについて相談したいと思っていましたが、その点も問題なく私の理想通りに仕立ててくれました。「さすが」という感じです。
職場の同僚にすすめたところ、何人もリピーターになっているようで、私としても紹介して良かったと思っています。

納得できるスーツを創ってくれるお店に、やっと巡り会いました!

井上朗
自分のイメージとおりの、自分自身が
ほんとうに良いものであると納得したスーツを
着てみたいと、ずっと思っていました。

悪くないスーツというのは、相応の対価を支払えば手に入るものですが、本当に気に入ったスーツを手に入れるのは、なかなか簡単なことではありませんよね。
いままでに何度か、都内の複数のお店でスーツをオーダーしてみたのですが、どれも悪くはないものの、老けて見えてしまったり、恰幅よく見えてしまったりで、私が望んでいる「男としてのステージを引き上げてくれる」ようなスーツには、なかなか巡り合うことができませんでした。
それでもあきらめず、いくつものお店を試した結果、私が最終的に得た回答が、SAKAEYAさんだったのです。
いまでは、スーツは全て、SAKAEYAさんにお願いしていますが、注文の際は、いつも楽しみですね。
私の頭の中にあるイメージを、私の期待に違わぬ仕事で、私自身が納得するスーツという形で具体化してくれるSAKAEYAさんの仕事振りには、いつも、大変、満足しています。

自分自身が、本当に良いものであると納得したスーツを着てみたいと思われる方には、自信を持って、SAKAEYAさんをお勧めします。

Access
新宿伊勢丹から1分。新宿三丁目駅C4出口隣。


  • ご来店予約はこちら
  • お仕立券はこちら

ステッチ(3,000円)とは
■ 「マシンオーダー」(85,000円)とは、ミシンによる縫製のことです。比較的リーズナブルなお値段でゼニアスーツをお創りできるのが特徴です。
■ 「仮縫いつき」(15,000円)とは、スーツの半製品を試着いただいて、調整することです。よりかっこいいゼニアスーツへとお仕立てするのには欠かせないプロセスです。

なぜ、仮縫いをした方がよいかというと、体型には、一人ひとり違ったクセがあるからです。ですから、採寸したサイズ通りにスーツをお創りしても、クセのある部分に、どうしてもたるみや浮きが出てしまうのです。仮縫いをして、たるみや浮きを補正することによって、より体型にフィットしたゼニアスーツをお創りすることができます。
し・か・も!
仮縫いのときに作った型紙は、2着目以降にも使うことができます。つまり、2着目以降にお創りするときは、仮縫い料金(15,000円)なしであなたの体型にジャストフィットしたゼニアのスーツを、お創りできるのです。一度ゼニアのオーダースーツを創ると、その抜群の着心地に、2着目、3着目のゼニアのスーツがほしくなるものです。それを、ご存じのお客様は、『仮縫いをする方がお得だ』ということを、よくわかっていらっしゃるのです。
お台場仕立て(10,000円)とは
長く着ていただいても型崩れしないように、人間の骨格に相当する『毛芯』(けじん)というものを、生地と生地の間に入れて、生地を補強するお仕立て方法を指します。当店が取り扱っているエルメネジルド・ゼニアの生地は、最高級品なだけに、とても柔らかく、型崩れしやすいといわれています。
大切なゼニアのオーダースーツを長く愛用していただくために、ゼニアの生地でスーツをお創りする際にはこのオプションをおすすめしております。ワンランク上のゼニアスーツに欠かすことのできないオプションです。
ステッチ(3,000円)とは
「お台場仕立て」の毛芯と生地を繋ぎとめるのが、ステッチです。ステッチを入れることにより、しなやかなゼニアの生地で創ったスーツが型崩れするのを防ぐことができます。手縫い風のステッチは、ゼニアスーツをより高級感のあるものに引き立たせます。

全世界で流通しているメンズスーツ地のうち、いわゆる高級品と呼ばれているブランドがいくつかあります。その中で、現在のところ最も取引価格が高く、値崩れのないのが、イタリアのエルメネジルド・ゼニアとイギリスのアルフレッド・ダンヒル。当店ではスーツをお創りする生地には、このゼニアとダンヒルだけを使っています。
当店にご来店なさる前に他店に行かれたお客様から、よくこんなお声をお聞きします。
「ほかの店では、確かにゼニアスーツ・ダンヒルスーツの生地を安い値段で取り扱っているけど、種類が少ない」
「ゼニアやダンヒルのスーツを作りたかったが、選択肢が限られていて、気に入ったゼニアやダンヒルの生地に出会えず残念だった」
多数のブランド生地の一つとしてゼニアやダンヒルを取り扱う店舗では、よくあることです。しかし、せっかくゼニアやダンヒルのオーダースーツを作るのに、ほんの数種類のアイテムからしか生地を選べないとしたら、その楽しみは半減してしまうことでしょう。
そこで当店は、取り扱う商品をゼニアスーツとダンヒルスーツだけに絞り、この2つのブランドの中でより多くの種類の生地を揃えることにいたしました。ゼニアとダンヒルを選んだ理由は、様々なブランドの中で、着る人をより魅力的に見せ、自信を高めてくれる生地は、ゼニア、ダンヒルをおいて他にはないからです。
さらに取り扱う生地をゼニアとダンヒルに特化し、大量な一括仕入を行うことで、仕入値段が大幅に圧縮できました。ゼニアスーツ・ダンヒルスーツという最高級ブランドのスーツでありながら、お客様に、よりお手頃な価格帯でゼニアスーツ、ダンヒルスーツをお買い求めいただけるという副産物も出てまいりました。
また、アイテムを増やすだけでなく、「ゼニア」「ダンヒル」という世界最高級ブランドの素材や製法に関する知識を深く掘り下げ、その商品知識の奥行をご提供していくことを、コアコンセプトにしようと考えました。
例えば、ゼニアやダンヒルには、いろいろなレーベルがあり、それぞれに適しTPOがあります。当店ではお客様のポジション、どういうシチュエーションでお召しになるのかなどを詳しくお聞きしたうえで、最適なゼニア、ダンヒルの生地を選択のうえ、ご提案させて頂いております。また、中には日本の気候に合わない生地もあります。ゼニアやダンヒルが優れたブランドでも、そのような生地をおすすめすることは決してありません。

沢山の種類のエルメネジルド・ゼニアとアルフレッド・ダンヒルの生地から、お気に入りのものを選ぶ楽しさを味わっていただきつつ、そのお客様に最適なゼニア生地、ダンヒル生地を的確な知識をもっておすすめできる。それが「ゼニア、ダンヒルのオーダーメイドスーツなら銀座SAKAEYA」と言われる理由です。

オーダースーツをかっこよく創ると言っても、具体的にどんな物が出来るのかご心配だと思います。
私たちの創ったスーツを具体的にwebカタログと動画でご覧ください。
モデルは、雑誌『LEON』で活躍中のファーガルを起用しております。
私たちのスーツ創りにおける感性に共感いただけましたら是非ご来店ください。

  • ご来店予約はこちら
  • お仕立券はこちら

取り扱いブランド

  • ゼニア
  • ゼニアプレミアム
  • ダンヒル

ごあいさつ

私はスーツ創りを商売の「手段」ではなく「目的」にしています。ビジネスには利潤追求、株主への利益配当売上拡大などの「目的」達成のために、扱う商材を「手段」とする考え方が一般的だと思います。この考え方を私は否定しません。

しかし、私の場合、スーツ創りはもはや「手段」ではなく「目的」になっています。そのときに目の前にいらっしゃるお客様と向き合うことが大切なんだと考えております。そうすることによって仕事の質が高まってゆくのです。

私は正直、ネットのことがよくわかっていません。このホームページも業者の方にお願いして制作してもらっていますが、私がそのホームページ制作業者様に制作を通じて、一貫して守ってもらいたいことを伝えています。それは、私という人間は『スーツ創りを商売の「手段」にしない、スーツ創り自体が「目的」であること』、『営業にうつつを抜かさず、完成されたスーツを創り出すためにただ寡黙に針を押すこと』、『日々、技術と感性を研鑽すること』という思想を持って、このテーラーリング業に挑んでいるということです。

どんな業種でも、どんな時代でも、思想なきビジネスは永続しないと思っています。目の前にある仕事を全力で楽しむ、そうすることによって仕事の精度が高まる。こうした姿勢はお客様に伝わると信じています。当店と私という人間をご理解いただく一助になれば幸いです。


Copyright (C) 2016 Ginza SAKAEYA Corporation. All Rights Reserved.