MENU

    【その他】1950年代の日本のファッション(その1)

    榮屋本舗 代表の伊藤です (^ム^)
    日本のファッション界も、戦後の打撃から徐々に立ち直り、
    大量生産、大量消費の時代へと映っていきます。
    この時代、テレビや映画などの娯楽が一般人にも広まったため、
    その登場人物のファッションを真似る人々が現れます (^_-)-☆
    特に有名な現象としては、
    石原慎太郎の「太陽の季節」が映画化されたために、
    そのファッションを真似る若者たちが現れたことです (^O^)/
    「太陽族」と呼ばれた彼らは、
    スポーツ刈りの前髪を、額に垂らしておくスタイルや、
    アロハシャツにマンボズボン、ツートーンカラーの靴
    を身につけて、サングラスをかける
    というスタイルを好んでいたのです (*^_^*)
    2012.02.25.chiiki.jpg
    =====================
    ゼニア・ダンヒルオーダースーツ専門店
    榮 屋 本 舗 (さかえやほんぽ)
    ご購入方法 お問い合わせはこちら
    =====================
    ]]>

    よかったらシェアしてね!