MENU

    【トレンドと情報】フィレンツェ流仕立て その1

    こんにちは、店長の前田です!
    (。・ω・)ノ゙ コンニチハ
    前回のエントリーでは
    クラシコ・イタリアのスタイルを解説しましたが、
    そのなかでナポリとミラノ以外にも、
    フィレンツェとローマの名前が出てきました。
    今回から数回は、
    その2大都市が誇るスーツの成り立ちに関して、
    お話ししようかと思います。
    ヨロシク<(_ _*)X(*_ _)>ヨロシク
    フィレンツェといえば、
    ルネッサンス発祥の地であり、
    ダンテ、ミケランジェロ、レオナルド・ダ・ヴィンチなど
    歴史に名を残す逸材が輩出されたことで有名ですね。
    また、都市の中心部の”フィレンツェ歴史地区”には
    芸術的な価値を有する建造物が多く、
    ユネスコの世界遺産にも登録されていますし、
    イタリアのなかでも魅力あふれる街のひとつでしょう。
    ( ゚ー゚)( 。_。)ウン♪
    11月28日のエントリーでも解説しましたが、
    フィレンツェは毛織物の歴史を語るうえでは
    欠かせない都市でありまして、
    中世の時代より毛織物業を中心とする製造業と金融業で
    莫大な富を蓄積したという歴史的な背景もあるんです。
    で、現在でもイタリア最大級の服飾見本市
    “ピッティ・イマジーネ・ウォモ”が開催されるなど、
    最新トレンドを世界に向けて発信する都市として、
    世界各国のバイヤーやおしゃれな人たちから
    常に注目を集めているわけなんですよ。
    “o(* ̄o ̄)o”ウキウキ♪
    そんなおしゃれでモダンなフィレンツェ。
    上品に決めたフィレンツェの人が
    闊歩する街中にはもちろん、
    ミラノやナポリなどと同じように
    昔からスーツを仕立てている老舗のサルトリアが
    いくつも存在しています。
    でも、フィレンツェのサルトリアで仕立てられたスーツは
    ミラノやナポリのそれとは趣きが少々違うのです。
    独特のフィレンツェ流仕立ては
    “サルトリア・フィオレンティーナ”と呼ばれ、
    イタリアの仕立てのなかでもっとも華やかで優雅だ、
    そう評する声もあるほどなんですねぇ……。
    (´- `)フッ(´ー `)フフッ(´ー+`)キラッ
    ……と、今日はここまで。
    具体的な仕立ての特徴については
    明日のエントリーでまとめていきましょう。
    (o ><)oス、スミマセン…
    =====================
    ゼニア・ダンヒルオーダースーツ専門店
    榮 屋 本 舗 (さかえやほんぽ)
    ご購入方法 お問い合わせはこちら
    =====================
    ]]>

    よかったらシェアしてね!