MENU

    【トレンドと情報】ミラノスタイルのスーツ

    こんにちは、店長の前田です!
    (。・ω・)ノ゙ コンニチハ
    本日は、
    ミラノで仕立てられるスーツ、
    いわゆるミラノスタイルはどんな特徴をもっているのか、
    それを詳しく見ていきましょう。
    (・o・)ノ ハーイ!!
    イタリアのスーツの歴史は、
    イギリスからの影響を色濃く受けていますが、
    北のミラノと南のナポリで、
    その源流は同じながら、行き着いた先は違います。
    ミラノスタイルというのは、
    どちらかというと、
    イギリスのサヴィル・ロウでつくられる
    スタイルに酷似しているといえるんですね。
    ( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
    イギリスのスーツといえば、
    ファッションの世界では”構築的”と表現したりしますが、
    肩の袖付けがやや持ち上がった
    ループドショルダーと呼ばれるいかり肩形状や
    ウエストをシェイプして厚く見せる胸板など、
    本来の人間の体型とは反した
    力強いシルエットをつくり出すのが特徴でした。
    (全てのイギリスのスーツがそう言うデザインではありませんが・・・)
    それと同様にミラノスタイルも、
    各所にブリティッシュスタイル的な
    ディテールが見られるのですが、
    特徴的なのは、やはり「肩」の構造でしょう。
    肩部分には厚めのパッドを入れ、
    袖山の丸みを出すための裄綿もしっかりと設けてあり、
    その構造はブリティッシュスタイルと見間違うくらい
    ガッチリとしたショルダーをつくり出しています。
    ┏| ̄ ≧ ̄|┓ガッチリ!
    また、ショルダーラインですが、
    これは直線的な仕立てになってはいますが、
    そこは全体のシルエットを気にするイタリアだけあって、
    ブリティッシュっぽいシャープさはやや抑え気味。
    緩やかに傾斜していく感じに仕上げられ、
    肩の縫い目も後方に下がり、
    前肩になるよう設計されているのです。
    ( ̄Λ ̄)ゞ んむっ
    ナポリのスーツと比べれば
    シルエットの違いは一目瞭然でしょう。
    日本人から見れば、
    パッドがなくてなで肩気味に見えるスーツより、
    カチッとしたミラノスタイルのほうが
    洗練された印象に映るかもしれませんね。
    ( ‘-‘ )( ,_, )( ‘-‘ )( ,_, ) ウンウン
    そのほかのディテールに目をやると、
    上襟へ向けて美しい曲線を描くゴージ、
    芯地を数種使ってボリューム感をもたせたバスト部分と
    対照的にシェイプさせたウエスト、
    それから背中に吸いつくようなバックラインが、
    ミラノスタイルらしい特徴となっています。
    えー、全体を総括すると
    イギリスとナポリの良い部分を兼ね備えた
    そんな欲張りなスーツになっているわけです。
    クラシカルなスーツの
    上品なフォルムはできるだけ残しつつ、
    軽やかで優雅に着こなしたいと
    ミラノの職人が追求に追求を重ねて生まれたのが、
    このミラノスタイルだといえるのではないでしょうか。
    ‘`ィ(´∀`∩
    2011.12.13.jpg
    =====================
    ゼニア・ダンヒルオーダースーツ専門店
    榮 屋 本 舗 (さかえやほんぽ)
    ご購入方法 お問い合わせはこちら
    =====================
    ]]>

    よかったらシェアしてね!