MENU

    【トレンドと情報】イギリス毛織物の特性

    こんにちは、店長の前田です!
    (。・ω・)ノ゙ コンニチハ
    はい。本日は昨日の予告どおり
    イギリス毛織物の特性についてまとめていきます。
    ヨロシク<(_ _*)X(*_ _)>ヨロシク
    一般的にイギリスで製造される生地の多くは、
    2本の単糸(たんし)をより合わせた
    双糸(そうし)と呼ばれる糸を使用して織られています。
    双糸は単糸に比べて糸の太さも倍ですし、
    織った際に【コシ、ハリ】が出て、
    目付けもしっかりとしているんですね。
    ン?(〟-_・)メツケ?
    えっと、ちょっと話がそれますが……、
    ここで「目付け」について説明しますね。
    目付けとは、単位面積あたりの重さのことなんですが、
    まぁ、わかりやすく言えば繊維の密度のことで、
    生地の品質表示などでは、
    1平方メートルあたりの重さがグラムで表記されています。
    (゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン
    たとえば、
    細い糸を使っているのに目付けが大きければ、
    それは多くの糸を編みこんでいるということで、
    生地の肌触りが良くなり、見た目にも高級感が出ます。
    逆に同じように細い糸を使っても
    目付けが少なければ、質感は落ち、
    生地の品質は悪くなっていく傾向にあります。
    ただし、
    目付けだけで生地の品質が決まるわけではないので、
    生地の良し悪しを判断するならば、
    使われている糸の太さと目付け量を
    照らし合わせて吟味するのが正解でしょう。
    パチッ☆-(^ー’*)bナルホド
    えー、
    ここで話を本題に戻しますね。
    もう一度説明すると、
    イギリス製生地の多くは縦横とも双糸で織られ、
    そのため目付けがしっかりとしており、
    耐久性があってシワにもなりにくく、
    たとえシワがよってもすぐに回復する特性があります。
    また、肌触りはどちらかというと硬く、
    この生地でスーツを仕立てたとすると
    やや重たい印象の出来栄えになるのですねぇ。
    ヾ(´▽`*)ゝハイッ!
    ……そうそう、
    イギリス製生地にある独特の風合いは、
    生地を織るときに使う織機の影響も、
    多少ならずあったりするのですが、
    それはまた長くなりそうなので、次回に続きます。
    ペコリ(o_ _)o))
    =====================
    ゼニア・ダンヒルオーダースーツ専門店
    榮 屋 本 舗 (さかえやほんぽ)
    ご購入方法 お問い合わせはこちら
    =====================
    ]]>

    よかったらシェアしてね!