MENU

    【トレンドと情報】毛織物の歴史 イギリス編

    こんにちは、店長の前田です!
    (。・ω・)ノ゙ コンニチハ
    糸が紡がれて生み出される毛織物というのは、
    いわばヨーロッパの特産品であるのですが、
    生産される国によって、その特性が違います。
    ゼニア社はイタリア発祥の企業ですが、
    こうやってゼニア社のことを語るうえでは、
    イタリアだけでなく、イギリスの毛織物のことも
    知っておく必要があるでしょう。
    そういうわけで、まず今回は、
    イギリス毛織物についてまとめてみます。
    ヨロシク<(_ _*)X(*_ _)>ヨロシク
    イギリスで毛織物の産地といえば、
    ロンドンから北へ約250キロに位置する
    ハダースフィールドが有名じゃないかと思います。
    毛織物の生産には欠かせない
    良質な水が流れる川が近くにあることから、
    古くから産地として栄え、
    今でも著名な工場がいくつも建ち並んでいます。
    もともとイギリスでは、
    中世末期ごろより毛織物が盛んでした。
    ただ、このころ製造していたのは、
    長い羊毛を使った比較的厚手の半完成品(旧毛織物)で、
    主にフランドルなどへの輸出目的だったようです。
    ちなみに、フランドルというのは、
    ベルギーを流れるスヘルデ川流域一帯のことで、
    ここも毛織物を中心に商業で栄えた地域です。
    日本では「フランダースの犬」の舞台として有名ですね。
    ((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ
    その後、毛織物の主流は、
    薄手の羊毛製品(新毛織物)へと移り変わっていくのですが、
    当初イギリスは、自国で生産するのではなく、
    フランスやネーデルランド(現在のベルギー、オランダ、ルクセンブルク)からの輸入でまかなっていました。
    しかし、宗教改革後のスペインとの関係悪化で
    輸入が停止したことで、自国での生産を開始するのです。
    ( ̄― ̄)(―_―)( ̄― ̄)(―_―)ウンウン
    実は新毛織物の生産は、
    労働集約型産業の典型とでもいうのでしょうか、
    非常に多くの人手を必要とするのですね。
    それを懸念してか、イギリスの輸入元だった
    オランダでは新毛織物の製造を本格化させませんでした。
    一方、
    救貧法が必要なほど労働力が余っていたイギリスは、
    それを使って新毛織物の製造を本格化させていくのです。
    これら産業の担い手は、
    ジェントリと呼ばれる地方の地主によって推し進められ、
    農村部を中心に進展していきました。
    そして、ちょうどこの時代、
    えー、産業革命の少しまえですね、
    薄手の軽い衣服が流行となっている背景もあって
    この新毛織物の需要は急速に増していき、
    毛織物工業は瞬く間に拡大していくわけなのです。
    w( ̄o ̄)w オオー!
    ……と、長くなりましたので、
    イギリス製の毛織物の特性などの話は、
    明日のエントリーでまとめたいと思います。
    =====================
    ゼニア・ダンヒルオーダースーツ専門店
    榮 屋 本 舗 (さかえやほんぽ)
    ご購入方法 お問い合わせはこちら
    =====================
    ]]>

    よかったらシェアしてね!