MENU

    【トレンドと情報】雨に濡れてしまったスーツは?

    こんにちは、店長の前田です!
    (* ̄O ̄)ノ コンニチハ
    はい。
    「スーツのメンテナンス事典」
    第16回目をお送りします。
    本日のメンテナンス法は
    雨に濡れたスーツの対象法。
    簡単にできて効果が高いものですので、
    ぜひとも覚えておいてください。
    -------------------------
    スーツのメンテナンス 16
    「雨に濡れたスーツの的確な対処法」
    出先で不意に雨に降られたり、
    傘をさすのもままならないような強い雨で
    スーツを濡らしてしまうことは、
    どうしても避けられないもの。
    しかし、
    オーダースーツにとって
    雨に濡れることはあまりいいことではありません。
    そのまま放置してしまうと、
    型崩れやシワの原因になるだけでなく、
    カビが発生する危険性もあります。
    そこで重要になってくるのが、
    濡れたスーツのメンテナンスです。
    <ジャケットの対処>
    ジャケットの表面の水分は、
    タオルなどで軽く叩くようにして取ります。
    このとき、強く擦ったりしないよう注意。
    表面に続けて裏地のケアも忘れてはいけません。
    厚めのハンガーにバスタオルを着せるようにかけ、
    その上にジャケットをかぶせて裏地の水分を取ります。
    そのまま風通しのよい場所で乾燥させ、
    手で生地のシワを軽くのばしたのちに
    アイロンでプレスを行えばメンテ完了です。
    (プレス方法はメンテナンス09を参照)
    <パンツの対処>
    パンツもジャケットと同様に
    タオルで表面の水分を取っていきます。
    もし裾部分に泥はねがあった場合、
    濡れているうちに無理に擦って落とすのはダメ!
    泥はねに関しては、
    乾いてからブラッシングで対処するのが無難です。
    その後、裾を下にするようにして
    ハンガーに吊るして自然乾燥させ、
    ジャケットと同様にプレスを行えばOKです。
    (プレス方法はメンテナンス10を参照)
    プレス後は裾を上にしてハンガーに吊るし、
    生地のハリを完全に取り戻しましょう。
    -------------------------
    とくにこれからやってくる梅雨や夏の豪雨など、
    雨の危険性が高まる時期に有効なのが
    今回紹介したメンテナンス法です。
    スーツが濡れることは
    できれば避けられればいいのですが、
    もし濡れてしまっても早めの対処ができれば大丈夫。
    しっかりケアを行って
    大事なスーツを長持ちさせてくださいね!
    オッケー☆⌒c(*゚ー゚*)
    =====================
    ゼニア・ダンヒルオーダースーツ専門店
    榮 屋 本 舗 (さかえやほんぽ)
    ご購入方法 お問い合わせはこちら
    =====================
    ]]>

    よかったらシェアしてね!