MENU

    【トレンドと情報】ミラノのスーツ事情

    こんにちは、店長の前田です!
    (。・ω・)ノ゙ コンニチハ
    イタリアのスーツ事情を北と南に分け、
    先に南のナポリについて詳しく解説しましたが、
    今度は北側、ミラノに迫ってみましょう。
    (‘0’)/ハイ!
    ミラノは、工業、商業、金融業を中心に
    栄えてきた歴史をもつ都市で、
    現在はファッションとデザインが代表的な2大産業であり、
    世界中から新鋭クリエイターが集まる街として有名です。
    年に2回開催される
    ミラノコレクションに代表されるように
    モード系ファッションの発信地としての役目もあり、
    常に最先端の洗練されたファッションを
    生み出しているというイメージが強いでしょうか。
    ( ゚ー゚)( 。_。)ウン♪
    おしゃれな人たちが行き交う
    モンテ・ナポレオーネ近辺には、
    イタリアを代表するブランドや高級ブティック、
    ファッション関連のプレスオフィスなどが軒を連ね、
    そのなかにスーツを販売する紳士服専門店もあります。
    ミラノの紳士服店は、
    世界規模で展開するブランドが多く
    家族経営が主体のナポリのサルトリアに比べると
    その規模は圧倒的に大きく、
    どこかビジネスライクな雰囲気が漂うのが特徴でしょう。
    ( ´△`)アァ-
    もちろん、
    メインとなるのはオーダーメイドですが、
    最近では分業によって大量生産された
    高級な既製服を販売するショップも
    多く見られるようになってきているみたいです。
    そんなミラノの高級テーラーで仕立てられる
    スーツのデザイン、ディテールは、
    同じイタリアではあるのですが、
    やわらかさを前面に出したナポリのスーツとは異なります。
    その理由は、
    ミラノがビジネス都市だということが
    大きく影響しているのだとか。
    (〟-_・)ン?
    ミラノは銀行が多い街でもあり、
    そこで働くビジネスマンたちが
    富裕層が行う資産運用の信頼を得るためにと、
    エレガントさは出しつつも、
    品位が保てるしっかりとしたスーツを好んで着たのです。
    そういった経緯から
    ミラノのスーツはイギリスの仕立てに近い
    カッチリとしたクラシックなものとなっていった、と。
    まぁ、それでもイギリスのスーツに比べると
    だいぶやわらかな仕立てではありますけど、
    ブランド力を生かしてグローバルな展開をするうえでは、
    ちょうどいいスタイルなのかもしれませんね。
    ( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
    =====================
    ゼニア・ダンヒルオーダースーツ専門店
    榮 屋 本 舗 (さかえやほんぽ)
    ご購入方法 お問い合わせはこちら
    =====================
    ]]>

    よかったらシェアしてね!