坂井辰翁

私たちのミッションは“スーツを作る”というステージから、
お客様の理想を表現し、お客様の“ファッションを創る”
というステージに昇華させることです。

SAKAEYAを東京都北区王子にオープンさせてから半世紀が経ち、お客様は5万人を超えました。その中で、それまでの常識であったジャストフィットなスーツを作るのではなく、その人をもっとも美しく魅せるスーツを仕立てることに注力してきました。

過去を振り返り、次のステップは、その人の個性を表現するスーツを仕立てる、その人の個性を尊重したコーディネイトを提案することとしました。

私たちのミッションは、このように“スーツを作る”というステージから、
お客様の理想を表現し、お客様の“ファッションを創る”というステージに昇華させることです。

お客様の心理の奥底にある想いを引き出す。
そんな“気の利いた接客”を目指します。

例えば、ブラックスーツが欲しいというお客様がいたとします。通常ならば黒の生地をお見せして「どんなスタイルにしますか?」とお聞きします。

これに対し私たちは、
「どんなシチュエーションでお召しになるのか?」
「その中でどのような立ち振る舞いをするのか?」などをお聞きし、
数ある黒の素材の中から、適切な素材とスタイリングを提案します。

お客様の心理の奥底にある想いを引き出す。そんな“気の利いた接客”を目指します。

私たちは“数値的な寸法を計る”のではなく、
お客様の“想いを図り”ます。

“計る”とは、物の長さなどを調べることです。

例えばジャケットの袖の長さを計る時、どのように着るかによって長さを変えます。スタイリッシュに着たいのであれば、アームホールを小さく短めに、ベーシックに着る場合は少し長めに採寸します。
このように採寸数値とは絶対的なモノではなく、着る方の個性やシチュエーションによって変化します。

私たちは“数値的な寸法を計る”のではなく、お客様の“想いを図り”ます。

  • ご来店予約はこちら
  • お仕立券はこちら

職人が作業している工房で接客をさせて頂き、
オーダースーツの奥深さを伝えたいと考えました。

おかげさまでSAKAEYAには、延べ5万人以上のお客様にご来店いただきました。
その仮縫いの経験やノウハウは、私たちの大きな財産です。

今までSAKAEYA東京駅店には、売り場の奥に職人が作業をする工房がありました。これからはこの工房を前面に出し、みなさまにもスーツができるプロセスを見ていただきたいと考えています。職人が作業をする、カウンター越しでお客様と会話をする、出来上がったばかりのスーツをお渡しする。

お客様、職人、生地と道具が交わる、そんな工房に。

常に職人が作業している工房で接客をさせていただき、私たちの思想やオーダースーツの奥深さを感じていただきたいと考えました。

最前線のスーツシルエットを研究し、提案し続けます。

当店で仮縫いをしてフルオーダースーツを創った。
気に入ったが時間も経ち少々シルエットにも飽きてきた。

そんな想いのお客様も多いのではないかと思います。
SAKAEYAは最前線のスーツシルエットを提案してまいります。

従来イタリアンクラシコというスタイルが最も多くご注文いただいていましたが、時代の移り変わりと共によりシルエットラインをシャープに魅せるものに流れが変わってきています。今回SAKAEYAがご提案するのは、ゼニア社のスーツシルエットを忠実に復元したミラノラインと、肩パッドを完全に排除し今時の細めなシルエットラインを強調したナポリライン、この2つをリリースいたしました。

従来からのSAKAEYAのお客様にはぜひこの新たな2つのスーツモデルをご体験いただきたいと考えています。
実際にクラシコスタイルからこれら2つの新作モデルに切り替えたお客様からは大絶賛のお言葉をいただいています。

オーダースーツをかっこよく創ると言っても、具体的にどんな物が出来るのかご心配だと思います。
私たちの創ったスーツを具体的にwebカタログと動画でご覧ください。
モデルは、雑誌『LEON』で活躍中のファーガルを起用しております。
私たちのスーツ創りにおける感性に共感いただけましたら是非ご来店ください。

  • ご来店予約はこちら
  • お仕立券はこちら

Access
東京駅八重洲北口から徒歩1分


Copyright (C) 2016 Ginza SAKAEYA Corporation. All Rights Reserved.