Price&Options料金システム・オプション

サービスメニュー!スーツをお選びいただく順序について概略をご説明します

オーダーの基本的な流れ 《ご来店いただいた際には当店のシステムについてじっくりとご説明させていただきます》

more 上下基本価格と表記している金額は上下(ジャケット・パンツ)の最終的な出来上がり価格を税別で表したものです。 この上下基本価格はブランド、素材レーベルによって変わります。詳しくは各素材の写真をご覧ください。

more 次はスーツの仕立て方をお選びください。上記1でお選びいただいた素材の出来上がり価格にはお仕立て代が含まれておりますが、 お好みによって別のお仕立てコースを選ぶ事もできます。詳しくはお仕立てコースをご覧ください。

more 上質な素材でお創りするオーダーメイドスーツに、お客様のお好みによりオプションをお選びいただき、お気に入りの一着に仕立ててください。詳しくは各種オプションをご覧ください。

お客様の体型をメジャーで採寸いたします。当店では独自の採寸法を採用し、スーツを仕立てております。詳しくは独自の採寸仮縫法をご覧ください。上記の1〜4までの所要時間は、およそ40分となります。

more 採寸した後、平日の日数で約3~4週間後に再度ご来店いただき、仮縫いを行います。仮縫いはお好みのシルエットを形成する上で重要な工程です。仮縫いについては独自の採寸仮縫法をご覧ください。

上記5から約3~4週間でオーダースーツが出来上がりますので、楽しみにお待ちください。

極上オーダーメイドスーツの出来上がりです。(時季によって多少前後いたしますので、詳しくはスタッフにご確認ください。)

  • ご来店予約はこちら
  • お仕立券はこちら

コースを選ぶ お仕立てコースは大別して、機械で縫製するマシンメイドタイプと、
その名の通り手を使って縫製するハンドメイドタイプの2つからなります。
それぞれのタイプは細分化し2つずつ、計4つのコースに分かれます。

コース紹介
  • お客様の体型に最も近い型紙を使用し、機械で縫製します。

  • お客様オリジナルの型紙を作成し、機械で縫製。2回目以降はその型紙を使用して仕立てます。

  • 全体の6割を職人の手縫いにより縫製。 マシンメイドではできない、職人のアイロンワークにより美しいドレープを実現。

  • ほとんどの部分を職人の手縫により縫製。 また、オプションもご自由にお選びいただけます。

※当店スーツは全て日本国内縫製です。 ※全国通信販売に対しては仮縫、中縫いは付ける事ができませんのでご了承下さい。 当店で最も人気のあるコースは上記の表の中での『銀座SAKAEYA 仮縫付マシンオーダー(+15,000円)』と『銀座SAKAEYA 仮縫付カスタムオーダー(+50,000円)』です。当店の最大の特徴は仮縫を行うことでお客様のお気に召されたシルエットを創りあげるという点です。 お客様がオーダーメイドスーツに期待される事は、体にフィットしている事は当然としてシルエットラインが奇麗かどうか、です。 さらにお客様の体型を考慮し、最適なラインを造り出す事が重要だと考えます。 例えば、猫背の方の場合、体にフィットした物を創ってしまうと猫背をより強調したスーツになってしまいます。大切な事はお客様の体型を活かしつつも、体型の欠点を克服するシルエット形成が大変重要です。 この点において仮縫という作業は欠かせないプロセスなのです。 >>当店の仮縫いに関する概念・技術解説をご覧ください。 尚、「銀座SAKAEYA 仮縫付マシンオーダー(初回のみ+15,000円)」の場合は、初回の仮縫で理想のシルエットを確定した際の型紙、採寸データは保存しますので、2着目以降は生地だけを決めていただければ、仮縫いを行うことなく(当然、仮縫料金もかかることなく)初回と同じシルエットのものが出来上がります。

仮縫い実例 当店では、仮縫いの目的を以下の3つのように考えております。
(1)上下部位、左右部位の長短、幅の調整
(2)お客様の体型を考慮した補正
(3)お客様のお好みのシルエット確認・調整
上記(2)について具体事例を下記のように記載いたしますのでご参照ください。

  • 上の写真は、ご注文をいただいた後約10日後をめどに行われる仮縫い時の仮縫い補正を施す前の状態です。 ご覧いただきますと分かるように、このお客様の場合、肩が前に出ている為(日本人に多い前肩)襟元が体から離れスーツの上着が浮いた状態になっています(緑のライン参照)。

  • 襟元が体から離れ、スーツの上着が浮いた状態になっていた部分に針を打っています(黄色の楕円部分参照)。 つまりこのこの分量だけ生地が余っていたために、上着が浮いた状態になっていたのです。 仮縫いとはこのようなお客様の体型を考慮し、修正する事(補正といいます)なのです。さらに肩から襟元を自然な形でアイロンにより立体的に仕上げて行きます。

  • 仮縫いを行った後、約3週間後にできあがってきました。 上記のような補正をすることで襟元の浮き上がりがなくなり、肩から胸元が自然なラインで繋がり、フィットしました。

各種オプションを選ぶ 《銀座SAKAEYAのオプションをご紹介いたします》

お台場仕立てをすることによって長く着ても型崩れが起きにくくなります。ゼニアやダンヒルという高級素材はとても柔らかく、 型崩れしやすい生地といわれていますので、お仕立ての際はぜひご検討ください。

カスタムオーダー限定オプション 毛芯素材選択 無料

(1)本バス毛芯
「毛が長く張りの出る馬の尻尾(バスといいます)」を使用しています。 ゼニア・ダンヒルの生地は糸が細いため柔らかさが特徴の生地です。 本バス毛芯にすることによりしっかりとしたハリのある仕立てになります。
(2)軽量ソフト毛芯
ゼニア・ダンヒル生地の特徴である柔らかさを活かす為の芯です。 胸周りはしっかりと創りながら軽さも感じる仕立てになります。

スーツはスーツ素材だけで出来てはいるのではなく、素材と素材の間に「毛芯」という人間の骨格にあたるものが入っています。 そしてこの毛芯と生地を繋ぎ止めるのがステッチです。これによりさらに型崩れを防ぎます。

スーツの袖を本切羽にすることで、4つボタンを外すことができます(ほとんどの既成のスーツは外すことができません)。 本物のスーツをお求めの方には、ぜひお選びいただきたいオプションになります。

小さなポケットをつけることができます。 チェンジとは「小銭」のこと。財布に小銭を入れていたのでは、チップを渡すときにスマートに出せない、そんな理由からこのポケットが作られたという話もあります。

袖口のボタンホールの糸色をお好みの色に変更できます。使用する糸色が1色であれば何箇所に設定しても2,000円ですが、他の色をさらに追加する場合には1色に付き2,000円かかります。

ゼニアの裏地・釦を付けることにより、さりげないお洒落を楽しめます。ゼニアのスーツにはゼニアの裏地を選び、こだわりのある一着をお仕立てください。

スラックスの折り目を永続的に維持するための加工です。繊維の中のアミノ酸に化学反応を加える事で折り目を作る手法ですが、数回のクリーニングを施すことでその効用は徐々に薄れてきます。

上着のデザインはシングルかダブルの選択になりますが、ダブルの場合は基本価格の10%増しとなります。 オプションをつける前の価格 100,000円の素材であれば100,000円の10%で10,000円となります。

ブラックスーツをフォーマル代わりに創りたいという方が多くいらっしゃいます。 シングルスーツのフォーマルの正式なスタイルは3ピース、つまりベストが必須です。襟付きベストの場合は+2,000円となります。

スペアとしてパンツをもう一つ、お創りいたします。よくスーツを着られる方に特におすすめです。 各種オプションをつける前の価格 100,000円の素材であれば100,000円の40%で40,000円です。

1着のスーツを作るのに日本人男性の場合、基本的には3.2mの長さが必要としていますが、体型によっては素材を多く使用しなければならない方もいらっしゃいます。 ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

  • 身長180cm以上
  • 身長180cm未満
  • ウエスト95cm以上または
    バスト110cm以上
  • ウエスト95cm未満
    バスト110cm未満
  • ウエスト95cm以上または
    バスト110cm以上

出来上がりのスーツをご自宅にお送りする形でご納品することができます。皺になる場合がありますので、ご希望ありましたらハンガー便でも可能です。 離島・一部地域は追加料金がかかる場合もあります。

※ロイヤルフルオーダーをご注文された場合は上記オプションのうち、お台場仕立て・ステッチ・本切羽・チェンジポケット・ブランド裏地・シロセット加工・ダブル仕立ては無料(有無選択可能となります。)
●ベスト・・・・・・・・・・・・+60,000円
●スペアースラックス・・・+100,000円 となります。

  • 01:オーダーの基本的な流れ
  • 02:コースを選ぶ
  • 03:仮縫い実例
  • 04:各種オプションを選ぶ

Copyright (C) 2016 Ginza SAKAEYA Corporation. All Rights Reserved.