MENU

    【トレンドと情報】アウター特集 「ポロコート」

    こんにちは、店長の前田です!
    (。・ω・)ノ゙ コンニチハ
    はい。では、昨日に続きまして
    スーツスタイルに合うコートについてお話しします。
    今日は、紳士のためにつくられた
    「ポロコート」についてです。
    ∩( ´∀`)∩ドウゾ (っ´∀`)っ))ヨロシク
    ポロコートは、
    日本ではあまり既製服が出回っていないので
    少々なじみが薄いかもしれませんが、
    欧米のスタンダードコートなんですね。
    その起源は英国で、
    ポロ競技の選手が着たりしていたオーバーコートの一種が、
    後に観戦用として広まったのが始まり。
    実用性とファッション性が高く、
    今では欧米のトラッド紳士の定番コートとして
    非常に人気が高いものとなりました。
    ( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
    デザイン的な見どころとしては、まずフロント部分。
    ダブルブレストで6つボタン3つ掛けのスタイルが主体で
    上襟(カラー)と下襟(ラベル)がともに同じ幅、
    その縁には太いステッチ掛けを施してあるのが特徴です。
    襟刻みは、上向き、下向きとバリエーションもあります。
    ほかにも、フロントサイドの縁取り式の雨蓋付きポケット
    いわゆるフレームド・パッチ&フラップポケットや、
    折り返し付きの袖口(ターンナップカフス)、
    背中側にはボタンとめしたバックベルトと
    裾の箱ひだ式プリーツなど、各所に特徴が。
    ちなみに、
    このフロントサイドのポケットデザインが、
    切れ込み型のフラップポケットの場合、
    「アルスターコート」と呼んで区別しています。
    ポロコートはカジュアルなスタイル、
    アルスターコートはエレガントな印象なんですね。
    (* ̄ρ ̄)”ほほぅ…
    生地は、なんといってもキャメル地や
    キャメル色の生地を用いたものが代表なんですね。
    で、かつてはそれがポロコートの主流でしたが、
    現在はファッションの多様化もあって
    さまざまな素材の生地、色が採用されるようになっています。
    機能美に優れていて実用性が高く、
    クラシカルながらも堅すぎず、
    かといってカジュアルすぎるものでもなく、
    まさにビジネスシーンでのコートしては最適なんですよ。
    (´- `)フッ(´ー `)フフッ(´ー+`)キラッ
    ……と、魅力あふれるポロコートなんですが、
    日本では既製服を見かける機会が少ないのが難点。
    だからこそ、
    オーダーメイドが断然オススメなんです!
    オーダーであれば各所に今風のアレンジも可能で、
    カウアルからビジネスシーンまで、
    どんなスタイリングにも合わせられますよ。
    英国調の気品が漂う素晴らしいコートを着こなし、
    自分だけの個性を存分に発揮してみてくださいね。
    ∑d(≧▽≦*)OK!!
    詳しくはこちらから
    https://www.gaito.cc/polo.html
    2011.10.23.jpg
    =====================
    ゼニア・ダンヒルオーダースーツ専門店
    榮 屋 本 舗 (さかえやほんぽ)
    ご購入方法 お問い合わせはこちら
    =====================
    ]]>

    よかったらシェアしてね!