ゼニア・ダンヒルのスーツが85,000円でオーダーメイドで創れる。ゼニア・ダンヒルのオーダースーツ専門店榮屋本舗

ゼニア・ダンヒル オーダースーツ専門店

東京駅店03-5204-0640 0332895764 新宿店 03-3341-3335

ゼニアスーツ 榮屋本舗

> ゼニア
驚愕の満足度

自分のイメージどおりの、自分自身が、本当に良いものであると納得したスーツを着てみたいとは思いませんか。悪くないスーツというのは、相応の対価を支払えば手に入るものですが、納得するスーツを手に入れるのは、なかなか簡単なことではありませんね。私自身も、自分が良いものであると納得するスーツを探そうと、都内の複数のオーダースーツの店でスーツをオーダーして試してみたのですが、どれも悪くはないものの、なかなか、納得する、満足度の高いスーツを探し当てることができませんでした。試行錯誤の結果、私が最終的に得た回答が、榮屋本舗さんだったのです。
いまでは、スーツは全て榮屋本舗さんにお願いしていますが、私が抱くイメージをどうスーツという形に具体化してくれるのか、注文の際はいつも楽しみですね。私の頭の中にあるイメージを、私の期待に違わぬ仕事で、私自身が納得するスーツという形で具体化してくれる榮屋本舗さんの仕事振りには、いつも、大変、満足しています。自分自身が、本当に良いものであると納得したスーツを着てみたいと思われる方には、自信を持って、榮屋本舗さんをお勧めしたいと思います。

「素敵なスーツですね」先日セミナーを行ったところ、受講生の数名からこんな言葉をいただきました。
私は人前で話す仕事をしているので、いつも自分の体にピッタリ合ったスーツを着たいと思っています。オーダースーツのお店はたくさんありますが、そんな中から選んだのが榮屋本舗さんなのです。まず、スーツを作る際にきめ細かな部分までボードを使って説明をしてくれます。納得してもらって作ろうという気持ちが伝わってきます。この説明があるとないとでは満足感が全然違いますね。私のように遠方の方でも安心です。自信を持って、榮屋本舗さんをお勧めいたします。

「30歳はオーダーメイド適齢期」といわれいろんなオーダー屋さんを探していました。オーダーメイド 初心者なのでお店に入るまでは、敷居が高いのかな、と思っていましたが、榮屋さんは初めてのお客様にはしっかりと時間をかけてシステムを説明されているようなので安心しました。出来上がりのゼニアスーツはピッタリは当然で「何故だかスマートに見えるわ」と家内に言われました。正直いうとあまりこういう店って友だちには紹介したくないです。僕だけのお店として大切にしたいです。

その他のお客様の声を見る

お問い合わせはこちら

全世界で流通しているメンズスーツ地のうち、いわゆる高級品と呼ばれているブランドがいくつかあります。その中で、現在のところ最も取引価格が高く、値崩れのないのが、イタリアのエルメネジルド・ゼニアとイギリスのアルフレッド・ダンヒル。当店ではスーツをお創りする生地には、このゼニアとダンヒルだけを使っています。
当店にご来店なさる前に他店に行かれたお客様から、よくこんなお声をお聞きします。
「ほかの店では、確かにゼニアスーツ・ダンヒルスーツの生地を安い値段で取り扱っているけど、種類が少ない」
「ゼニアやダンヒルのスーツを作りたかったが、選択肢が限られていて、気に入ったゼニアやダンヒルの生地に出会えず残念だった」
多数のブランド生地の一つとしてゼニアやダンヒルを取り扱う店舗では、よくあることです。しかし、せっかくゼニアやダンヒルのオーダースーツを作るのに、ほんの数種類のアイテムからしか生地を選べないとしたら、その楽しみは半減してしまうことでしょう。
そこで当店は、取り扱う商品をゼニアスーツとダンヒルスーツだけに絞り、この2つのブランドの中でより多くの種類の生地を揃えることにいたしました。ゼニアとダンヒルを選んだ理由は、様々なブランドの中で、着る人をより魅力的に見せ、自信を高めてくれる生地は、ゼニア、ダンヒルをおいて他にはないからです。
さらに取り扱う生地をゼニアとダンヒルに特化し、大量な一括仕入を行うことで、仕入値段が大幅に圧縮できました。ゼニアスーツ・ダンヒルスーツという最高級ブランドのスーツでありながら、お客様に、よりお手頃な価格帯でゼニアスーツ、ダンヒルスーツをお買い求めいただけるという副産物も出てまいりました。

また、アイテムを増やすだけでなく、「ゼニア」「ダンヒル」という世界最高級ブランドの素材や製法に関する知識を深く掘り下げ、その商品知識の奥行をご提供していくことを、コアコンセプトにしようと考えました。
例えば、ゼニアやダンヒルには、いろいろなレーベルがあり、それぞれに適しTPOがあります。当店ではお客様のポジション、どういうシチュエーションでお召しになるのかなどを詳しくお聞きしたうえで、最適なゼニア、ダンヒルの生地を選択のうえ、ご提案させて頂いております。また、中には日本の気候に合わない生地もあります。ゼニアやダンヒルが優れたブランドでも、そのような生地をおすすめすることは決してありません。

沢山の種類のエルメネジルド・ゼニアとアルフレッド・ダンヒルの生地から、お気に入りのものを選ぶ楽しさを味わっていただきつつ、そのお客様に最適なゼニア生地、ダンヒル生地を的確な知識をもっておすすめできる。それが「ゼニア、ダンヒルのオーダーメイドスーツなら榮屋本舗」と言われる理由です。

ゼニアのオーダースーツを取り扱うショップは数多くありますが、実はゼニアの生地を取り扱っているだけで仕立フォルムはゼニア社のスーツシルエットをほとんどの店舗が全く無視しています。

そんなエルメネジルド・ゼニアの生地を使ったオーダースーツを取り扱うショップは数多くありますが、ほぼ間違いなくその全てはエルメネジルド・ゼニアの生地を取り扱っているだけで、仕立フォルムはゼニア社のスーツシルエットを全く無視した店舗です。ゼニア社が、気の遠くなるような工程を経て作り上げた生地を、ゼニアのデザイン性を全く度外視したシルエットに仕立ててしまっては、ゼニア生地の魅力は半減どころか、まったく失われてしまうといっても過言ではありません。

当店ではゼニア社の仕立フォルムを独自の手法で取り入れた日本で唯一のショップです。
ゼニア社の扱うス・ミズーラはいわゆる日本でいうとパターンオーダーの分類商品です。パターンオーダーとは基本的には既製品を修正し、袖の長さ等、縦の部位の調整を行うことでお客様のサイズに合わせて作るという手法です。
ゼニア社は現在、2つのゼニアオリジナルのシルエットラインを展開しています。一つはゼニアを代表するラインである「ミラノライン」。どちらかというと若い方向きのものです。もう一つは、絞り過ぎないウエスト、構築的な肩が特徴の「ローマライン」です。当店ではゼニア社のスーツモデルの中で圧倒的に人気のあるミラノラインについて、そのサイズスペックを忠実に取り入れ、「ゼニア社 ス・ミズーラ ミラノラインモデル」としてリリースしています。
ゼニア社のサイズスペックはヨーロッパサイズで44から60までの計9パターンあります。これに対し当店では、デザイナーを起用し、この9パターンを28パターンに細分化。さらに仮縫いによって0.5cm刻みでの補正が可能という、気の遠くなるようなシステム設計を行いました。これにより、エルメネジルド・ゼニアのス・ミズーラモデルを、パターンオーダーではなく日本人の体型にあったサイズスペックで実現することができたのです。
ゼニアの生地をまとうなら、スタイルにもぜひゼニア独自のラインを取り入れたいもの。最上級のゼニアの生地を最大限に生かす、当社独自のシステムと製法技術で、お客様お一人お一人に合ったゼニアのオーダースーツをお創りいたします。

ゼニア社 ス ミズーラモデル

ゼニアのオーダースーツを取り扱うショップは数多くありますが、ほぼ間違いなくその全てはゼニアの生地を取り扱っているだけで、仕立てフォルムはゼニア社のスーツシルエットを全く無視した店舗です。
当店ではゼニア社の仕立てフォルムを独自の手法で取り入れた日本で唯一のショップです。
現在ゼニア社は、スーツのシルエットラインとしては、その代表的モデル「ミラノライン」と最新モデル「トリノライン」の2つのラインを全世界で展開しています。
国内で唯一、ゼニア社のスーツシルエットを独自の手法で忠実に取り入れた当店の代表的モデル「ミラノラインモデル」と最新モデル「トリノラインモデル」をご覧ください。

ゼニア社 ス ミズーラ ミラノラインモデルゼニア社 ス ミズーラ トリノラインモデル

榮屋本舗の持つ技術は、日本国内外で高く評価されています。
たとえば・・・2011年8月イタリア・ローマで開催された「注文紳士服業者連盟世界大会」に、日本代表8社のうちの1社としてビジネススーツ部門に出品しました。また2大会連続で2013年8月に韓国・ソウルで開催された「注文紳士服業者連盟世界大会」においてもビジネススーツ部門に唯一の日本代表として出場しました。この事実は現在の日本におけるビジネススーツ分野では、榮屋本舗は日本最高峰の技術を持つ店舗として認められたということになります。1910年から開催されているこの大会には、全世界の実力のあるテーラーが参加し、各国独特の技を披露しています。
世界大会に出品するためには、その予選ともいえる東京マスターズテーラーズコレクションで、世界大会への選出作品として認められる必要があります。さらに、この東京マスターズテーラーズコレクションに出品できるのは、過去に各種大臣賞を受賞した技術者、もしくは、国際紳士服業者連盟のデザイナー認定試験の合格者だけです。
このような、世界的にも高い技術を持つテーラーの集いに参加することができたのは、私たちスタッフにとって大きな誇りになっています。当店の持つ技術が確かなものであると、お客様に確信していただけますと幸いです。

皆様、この事実をご存知ですか!?

百貨店で扱っているゼニアのイージーオーダーは、身体を10箇所程度採寸して、その採寸値にいちばん近い型紙を使って仕立て上げます。しかし、体型に応じた最もきれいなシルエットラインのゼニアスーツを創るためには、10箇所程度の採寸では、とてもデータが足りません。当店では、30箇所の採寸(仮縫いつきマシンオーダーの場合)を行っています。 だからこそ、お客様の体型のクセを見つけ出すことができるのです。

寸法箇所に関する詳しい説明はコチラ

ゼニアスーツを仕立てる際に当店が仮縫いをおすすめする理由は、身体にジャストフィットするように創るため…だけではありません。そのゼニアスーツを着たお客様がいちばんスマートに見えるように仕立てるためでもあります。
例えば・・・
【スリムに見せる技1】
肩幅をやや狭めにすることで、スーツ全体をシャープに見せます。
【スリムに見せる技2】
袖幅を細めにして、ウエストとの間にすき間を作ることで、お腹周りをすっきり見せます。
【スリムに見せる技3】
ひざ上5センチの位置を細くすることによって、ひざの位置を錯覚させ、足が細く長く見えるようにします

上記は、当店ならではの技術の一部。このような微調整を、仮縫い時に丁寧に行うことによって、お客様を最高にスマートに見せる極上のゼニアのオーダースーツをお仕立てすることができるのです。※オプションメニュー15,000円(税別)

ですから、採寸と仮縫いによって、身体にジャストフィットするスーツに仕立てることは上手です。けれども・・・残念ながら、身体の欠点をカバーするための技術と知識を持っていないところが多いようです。

けれども・・・残念なことに体にジャストフィットする技術が熟練されていないので、オーダースーツの最大のよさである「きっちり仕立てられた、いいものを着ている」というステイタスと自信が手に入らなくなってしまいます。

「ゼニアのオーダースーツを創りたいけど、もしかしてとんでもなく高いのでは!?」「店に行ったら、あれこれオプションをつけさせられて、予算をはるかに超える金額になってしまうのでは!?」そんな不安を感じている方も、多いのではないでしょうか。

■ 「マシンオーダー」(85,000円)とは、ミシンによる縫製のことです。比較的リーズナブルなお値段でゼニアスーツをお創りできるのが特徴です。
■ 「仮縫いつき」(15,000円)とは、スーツの半製品を試着いただいて、調整することです。よりかっこいいゼニアスーツへとお仕立てするのには欠かせないプロセスです。

なぜ、仮縫いをした方がよいかというと、体型には、一人ひとり違ったクセがあるからです。ですから、採寸したサイズ通りにスーツをお創りしても、クセのある部分に、どうしてもたるみや浮きが出てしまうのです。仮縫いをして、たるみや浮きを補正することによって、より体型にフィットしたゼニアスーツをお創りすることができます。
し・か・も!
仮縫いのときに作った型紙は、2着目以降にも使うことができます。つまり、2着目以降にお創りするときは、仮縫い料金(15,000円)なしであなたの体型にジャストフィットしたゼニアのスーツを、お創りできるのです。一度ゼニアのオーダースーツを創ると、その抜群の着心地に、2着目、3着目のゼニアのスーツがほしくなるものです。それを、ご存じのお客様は、『仮縫いをする方がお得だ』ということを、よくわかっていらっしゃるのです。

長く着ていただいても型崩れしないように、人間の骨格に相当する『毛芯』(けじん)というものを、生地と生地の間に入れて、生地を補強するお仕立て方法を指します。当店が取り扱っているエルメネジルド・ゼニアの生地は、最高級品なだけに、とても柔らかく、型崩れしやすいといわれています。
大切なゼニアのオーダースーツを長く愛用していただくために、ゼニアの生地でスーツをお創りする際にはこのオプションをおすすめしております。ワンランク上のゼニアスーツに欠かすことのできないオプションです。

「お台場仕立て」の毛芯と生地を繋ぎとめるのが、ステッチです。ステッチを入れることにより、しなやかなゼニアの生地で創ったスーツが型崩れするのを防ぐことができます。手縫い風のステッチは、ゼニアスーツをより高級感のあるものに引き立たせます。

エルメネジルド・ゼニアのハンドメイドスーツをお召しになりたい場合はコチラのコースとなります。仮縫いにより、お客様オリジナルの型紙をおこし、縫製工程の60%をハンドメイドで仕立てます。綺麗なドレープを創るアイロンワークが特徴です。詳しくはこちら

その他のお客様の声を見る

「どの生地がいいのか、よくわからない」というお客様がいらっしゃいます。国内外の繊維メーカーは数多く、国産でも良い生地はたくさんあるはず。それなのに、どうして榮屋本舗では、外国製の、しかも、「エルメネジルド・ゼニア」「アルフレッド・ダンヒル」だけを扱い、お客様におすすめしているのでしょうか?
それは「エルメネジルド・ゼニア」、「アルフレッド・ダンヒル」以上の上質な生地を生産するブランドが存在しないからです。

世界中のVIPを魅了するゼニア。厳しい基準をクリアした最高級の原毛だけから作られるゼニアの生地は、ゼニア独特の色使いや、織りのバリエーションが実に豊富です。特有のハリ・ツヤ感、しっとり感、ぬめり感など、様々な表情のあるゼニアの生地に、当店のリピーターのお客様も「もうゼニア以外のスーツ地は考えられない!」とおっしゃいます。
例えば、ゼニアを代表するラグジュアリー素材「トロフェオ」は、一つの柄が幾通りにも変化して見えるヘリンボンをはじめ、こだわりを持った織りと柄が特徴のレーベルで、年間を通して高い人気を誇る素材です。秋冬の実用的な素材としては、光沢感に加えシワに対する強い抵抗力を持ち、ゼニア・ファンの中でも出張が多い方に好まれている「トラベラー」、丈夫さと仕立て映えの良さを両立し、ゼニアのレーベルの中でも特に豊富な種類を持つ「エレクタ」があります。春夏の素材には、太陽光を反射する機能を持ち、体感温度を下げるテクノロジーによって猛暑の下でも涼しく着られる「クールエフェクト」、通気性に優れた平織りで清涼感に富み、クラシックな色柄が中心の「トロピカル」などがあります。
このようにゼニアには、およそ同じ生地メーカーが作った生地とは思えないほど豊富な種類の生地アイテムが揃っています。他社とは一線を画すゼニアの素材。自分だけのオーダースーツを追求したいと思った際に、TPOに応じて選べるレーベルがあるゼニアは、お客様がオーダースーツを創るたびに、『今までのゼニアとは違う。次は違うレーベルにチャレンジしてみよう。』というお気持ちになられるはずです。追求するに値するオーダースーツブランド 。それがエルメネジルド・ゼニアなのです。

「エルメネジルド・ゼニア」は、世界中のVIPから高い評価を得ているイタリア№1ブランドです。
たとえば、こんな著名人たちが、「ゼニア・ファン」を公言しています。

世界で、現在最も注目されている奇才ワレリーゲルギエフという指揮者は、「自信が持てるタキシード」として、エルメネジルド・ゼニアを選んでいます。
「戦場のピアニスト」でアカデミー賞主演男優賞を受賞したエイドリアン・ブロディは、アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞の授賞式に、
ゼニアのタキシードを着て出席しています。
日本でも、俳優の渡辺謙さん野球選手の松井秀喜さんタレントの堺正章さん、野球解説者の古田敦也さんなど「違いのわかる大人の男」
たちが、エルメネジルド・ゼニアを好んで着ています。

ゼニアスーツは、既製品でも25万円前後します。イタリアでス・ミズーラといわれるゼニアのパターンオーダーの場合は、なんと、50万円前後します。
世界中どこに着ていっても恥ずかしくない、その最高級のゼニアスーツが、榮屋本舗で生地から仕立てていただくことによって、85,000円(税別)~で手に入るのです!

体にフィットさせるという事はどこのテーラーでもミッションにしていることです。しかし重要なのは、ただ体にフィットさせることだけではなく、その人の体型に応じて最もきれいなシルエットラインを見い出すことなのです。こうした創り方を実現するには一般的なゼニアのオーダースーツ店が行う10箇所程度の採寸データでは作りようがありません。当店のメジャーリングはマシンメイドであれば20箇所、仮縫付きならば30箇所、カスタムオーダーにいたっては45箇所の採寸データを使用します。仮縫いをすることでお客様の体型補正は勿論のこと、お好みのフィット感やゆとり感を調整し、お客様のお望みに近いシルエットのゼニアスーツをお創りしております。

オーダーメイドに期待していたのに、出来上がったスーツを見て「がっかり」というお客様は、結構多くいらっしゃるのではないかと思います。ズバリ、それは思ったスーツシルエットになっていないからではないでしょうか。
冒頭からお話させていただいておりますが、当店では仮縫の工程を、体型の補正のためだけではなく、「きれいに見せるため」、「シルエットラインを完成させるため」に必要な作業工程と位置づけています。まさに、お客様に最適なシルエットラインを見つけ出す作業なのです。この工程を経ずしてかっこいいゼニアスーツなど創れるはずはないと考えます。
我々はこの仮縫の理論と技術を60年かけて修得してきました。一人の人間(弊社代表伊藤のことですが)が一生をかけて修得した美意識と技術を、我々の創るゼニアスーツから感じ取っていただきたいと考えます。
お客様を最もスマートに見せるシルエットラインを創り出すために仮縫時のやり取りは
「無制限!」をお約束させていただきます。

榮屋本舗からのご挨拶
お問い合わせはこちら
榮屋本舗へのお問い合わせは