ゼニア オーダースーツの最高到達点 GINZA SAKAEYAコラム|出張時におけるスーツのバックパッキング

> 銀座SAKAEYAオーダースーツ着こなし上達コラム

榮屋本舗スーツ着こなしの裏技

出張時におけるスーツのバックパッキング

出張の多いビジネスパーソンの悩みの種というのが、やはりスーツの収納法と、鞄から取り出したときの蘇生法。出張先でスーツを取り出したシワくちゃスーツを着て、ヨレヨレスタイルのまま行動したという苦い経験を持つ人もいるのではないでしょうか? バックパッキングというは、中々面倒なモノ。ましてや、毎日、仕事で忙殺されているビジネスパーソンなら、なおさらです。出発前日の夜に慌てて荷物をバッグに押し込んで、翌朝に出発というケースが多いというのが実情です。

よく聞かれることで、持っていくワードローブの枚数ですが、1泊2日なら着ているもの以外にシャツと下着を1セット用意し、2泊3日以上なら一週間でも2セットあれば、ホテルで洗濯できるので十分といわれています。行く先々の環境を考えて、洗濯できない、またはしたくないという方ならその分、枚数を増やせばよいのです。私が使う裏技は、古くなった下着や穴の空いた靴下を日頃から取っておき、出張時に必要枚数を持っていって、着た後に捨てるという方法です。これなら帰りの荷物も少しは軽くなってお土産を入れるスペースがバックにできますし、何より洗濯する時間を節約できるのです。

さて、肝心のスーツのバッグ収納法ですが、やはりハンガーの付いたガーメントケースがお勧めです。スーツがシワになりにくいうえ、ホテルのハンガーにそのまま掛けられるので扱いやすく便利です。一方、どうしても荷物の個数を増やしたくない方ならスーツケースやボストンバックということになりますが、この場合、スーツを畳んで仕舞い込むことになります。取り出したときのシワが心配ですので、畳み方に工夫が必要になってきます。

シワが残りにくい畳み方の方法としてよく目にするのが、上着を裏返しにし、袖も引っ張り出して裏を見せ、襟を立て、上着全体をタテに二つ折りにし、中に折ったパンツを仕舞い込む方法。昔からいわれている、ごく一般的なスーツの畳み方です。ほかには、通称ブティック畳みとも呼ばれるやり方で、裏返さずに正面を向いた状態のスーツを二つ折りにし、同様に中にパンツを仕舞い込む方法です。この場合、肩の部分が潰れたり、袖が腕のところで折れ曲がってシワができてしまうので、バッグ収納法としては不向きとされていますが、今回はあえてこのブティック畳みに、ひとワザ加えたやり方をご紹介したいと思います。

通常のブティック畳みのように前ボタンを外し、襟を立てます。次に、パッキングしたときに圧力でダメージを受けやすい肩の部分や袖の部分に、丸めた下着やタオルを詰めて型崩れを防いでおくのです。さらに、パンツの折り曲げた部分にも同様に詰め物をしておけば折りジワ防止になってくれます。いろいろと試しましたが、この改良版のブティック畳みが最もシワになりにくいような気がします。また、サルトリア(仕立て職人)がていねいに仕立てたスーツを強引に裏返すのに抵抗を感じてしまいますし、裏返すことによって多少なりともダメージを受けてしまいます。さらに、裏返す方法ですと、元に戻したときに肩から腕に掛けて決定的なシワが付いて、アイロンでも中々取れなかったという経験は、誰でも一度はしているのではないでしょうか? 要は、芯地と畳み方の相性というのもあるようですので、両方試して、シワになりにくいほうを選ぶのがベストといえそうです。

ホテルなどに着いて、バッグからスーツを取り出した後の蘇生法は、湿度の高い浴室に吊すなど、さまざまありますが、小形のスチームアイロンを持っていくだけで劇的にシワが取れます。スチームアイロンなら吊したままシワ取りできますし、ワイシャツにも対応できます。また、シワだけでなくスーツに付いたニオイまで取ってくれる、衣類用のシワ取りスプレーというは便利なアイテムです。夜にスプレーしておけば、一晩で、シワもニオイも取ってくれるスグレモノ。バスタブにお湯を溜めて浴室に吊してシワを取るというのは一昔前のハナシ。シワ取りスプレーで、気になる部分のシワを取るのが現代のビジネスパーソンにマッチした方法です。トラベルでは、時間の節約が鍵。空いた時間を自分のために使って、旅を楽しみましょう!

SAKAEYAのオーダースーツはココが違う!
ストーリーのない画一的なオーダースーツなんてありえない! オーダースーツの敷居は高くない! オーダースーツはシルエットを極めてこそ! オーダースーツの愉しみは生地選びから!
榮屋本舗スーツ着こなし上達コラム スーツ着こなしの裏技
Headline 第121回 パワードレッシングで成功を掴む
Backnumber
榮屋本舗メールマガジンバックナンバーアーカイブ
Headline 銀座SAKAEYAメールマガジン 2018年3月23日号
Backnumber
榮屋本舗スタッフブログ 銀座SAKAEYAのスタッフブログはコチラ
榮屋本舗のご案内・ご来店予約

ご来店の予約はこちら

電子カタログ

Facebook

東京駅店特設サイトはコチラ

銀座店特設サイトはコチラ

新宿店特設サイトはコチラ

スタイリスト坂井辰翁対談

結納返し・就職昇進祝に お仕立て券はコチラ

できる男の着こなし術 プレゼント

ご来店の予約はこちら

榮屋本舗ご来店の予約はこちら ご来店の予約はこちら 新宿店:03-3341-3335 東京駅店:03-5204-0640 銀座店:03-3289-5764