Flashカタログ
7/24

コントラスト控えめの糸使いで紡ぎだす、落ち着きのあるシックな印象のストライプパターン。ピッチはワイドに組み込むことで、高い風格と大人の深みを演出。“エレガント”という表現が最適だ。2016 SS COLLECTIONTROFEOグレー/ウール100%上下お仕上がり120,000円(税別)No.Z 2630-1981TROFEOダークネイビー/ウール100%上下お仕上がり120,000円(税別)No.Z 2630-1982古い、厳つい、オヤジ臭い……。これまでそんな肩身の狭い思いを強いられてきたダブルスーツが現在、欧州の洒落者たちの間でヒット中。キーワードは、細くて美麗なシルエット。トレンドとして返り咲いた、ダブルスーツの今。細く美しく生まれ変わったダブルスーツの最新形態 ダブルのスーツと聞いて︑貴方は何を思い浮かべるだろうか︒身幅の広いドカッとしたボックスシルエットに︑主張性抜群のいかり肩︒それはさながら︑バブルの時代の遺産︒そんな懐古的アイテムと捉えている人間が大半ではないだろうか︒ところが昨今︑フォーマルファッションの聖地とされるイタリアでは︑このダブルスーツが再び人気を集めている︒中でも特に︑年に2回フィレンツェで行われる世界最大級のメンズプレタポルテの展示会〝ピッティ・ウォモ〟での着用率は︑目を見張るほどである︒もちろん︑常に業界の最先端であり続ける洒落者たちは︑そこに現代的な解釈を加え︑まったく新しいトレンドへと昇華している︒それはつまり︑シルエット︒ウェスト部分を絞ったタイトフィットのナローシェイプで︑ダブルスーツは今︑コンテンポラリーなエレガンスを携えた︑モダンファッショントレンドとして機能しているのだ︒ とはいえ︑本場イタリアの伊達男ならいざ知らず︑私たち日本人がいきなりそれを真似るのも無理がある︒まずはこんな白シャツと合わせたシンプルなスタイリングから︑その最新トレンドを味わってみてはいかがだろうか︒Double breasted is back!

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です