新宿店OPEN

「2012年2月」の記事一覧

【トレンドと情報】崖っぷちで戦うヌンツォ・ピロッツィ

こんにちは。 榮屋本舗の代表・伊藤です。 ナポリから いくつもの名工房が消えていくさなか、 ヌンツォ・ピロッツィはどうしたのか? 実際に話を聞いてみると、 ヌンツォさんと弟のフェリーチェさんで切り盛りする 当時のヌンツォ・・・

【その他】1950年代の日本のファッション(その3)

榮屋本舗 代表の伊藤です (^ム^) 1950年代、 戦争の傷跡は完全に消え去ったわけではありませんが、 この時代の終わりごろには、 高度経済成長に突入しつつありました (^_-)-☆ そんな中で、 外国公館や、進駐軍の・・・

【スーツ用語】メキシカン・ウエディングシャツ

メキシカン・ウエディングシャツとは、 メキシコのドレッシーなシャツを差します (^O^)/ 特に結婚式で男性用の衣装として使われますので、 この名前がついています。 使われる生地は白のローンやリネンが多く、 胸元に赤や白・・・

【ファッション雑誌からのご紹介】カバンの中、整理できていますか?(その3)

榮屋本舗 店長の前田です (^O^)/ カバンには不必要なものを入れず、 必需品だけに絞り込むことが大事です。 それに加えて、 ●取り出しやすいように入れる ●どこに何が入っているのか、すぐわかるようにする っていうこと・・・

【トレンドと情報】ナポリのサルト事情 その2

こんにちは。 榮屋本舗の代表・伊藤です。 さっそく、 昨日の続きをいきましょう。 分業化と共通化を軸につくられた商品は、 大量生産を前提としているゆえ、 クオリティはそこそこをクリアしていればよくなります。 また安く供給・・・

【その他】1950年代の日本のファッション(その2)

榮屋本舗 代表の伊藤です (^ム^) この時代に生まれたファッションの1つとして ロカビリーファッションがあります (^O^)/ ロカビリー族と呼ばれる人たちは、 1958年「日劇ウエスタン・カーニバル」をきっかけに、 ・・・

【スーツ用語】ガウチョ・シャツ

ガウチョ・シャツは、 ニットまたは織物で作られます。 ブラケットを4つのループでボタン留めにした、 衿付きのプルオーバー型スポーツシャツです (^O^)/ 1930年代に流行しました(^_-)-☆ もとは、南米アルゼンチ・・・

【ファッション雑誌からのご紹介】カバンの中、整理できていますか?(その2)

榮屋本舗 店長の前田です (^O^)/ MEN’S EX 2012年3月号の 「拝見! エグゼクティブの鞄の中身」 をよく見てください。 エグゼクティブたちは、 たくさんのものをカバンに入れているけれど、 「・・・

【トレンドと情報】ナポリのサルト事情 その1

こんにちは。 榮屋本舗の代表・伊藤です。 こんな質問が寄せられました。 「ナポリのサルトの  後継者問題について書かれていますが、  一流の技術を持っていても  普通に暮らしていけないものなんでしょうか?」 なるほど&#・・・

【その他】1950年代の日本のファッション(その1)

榮屋本舗 代表の伊藤です (^ム^) 日本のファッション界も、戦後の打撃から徐々に立ち直り、 大量生産、大量消費の時代へと映っていきます。 この時代、テレビや映画などの娯楽が一般人にも広まったため、 その登場人物のファッ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ